鬱病とストレスの関連性!精神科を受診して早期治療を始めよう

  1. ホーム
  2. 自分に合わせた選び方

自分に合わせた選び方

メンズ

気楽に通える環境づくり

鬱病で病院に通う場合、精神科もしくは心療内科を選択することが多いです。また、心理カウンセラーに相談しながら、解決方法を模索することもできます。しかし、体に症状が出ている場合は、投薬することで治療を進めやすくなることが多いので、医療機関を選択することが推奨されます。鬱病は、不安感や集中力の低下、意欲低下など精神的な問題によって発症するといわれています。また、不眠症や食欲減退、疲れやすさなどの体の症状が伴うケースも多く見られます。体の症状は投薬を調整しながら緩和できるため、精神的な問題を解決するために必要だと言われることが多くなりました。体の不調を抱えたままでは、精神的なケアの実践に支障があるというのが一般的な考えです。このような治療を行う医療機関を選ぶには、いくつかの基準があるので確認しておきましょう。一般的な鬱病は、3か月間程度で徐々に心が回復して治るケースが多いものの、人によって長期間の治療が必要になると説明する医師が多いです。そのため、通院しやすい立地であることが条件に挙げられます。自宅から交通機関を利用して近い場所や、交通機関の利用が難しい人には徒歩圏内、もしくはタクシー利用でも高額にならない距離感が重要です。心身ともに疲労感があると、公共交通機関で通うのは大変だという声もあるからです。また、鬱病は日本人の3人に1人が抱えている疾病だと言われても、まだ偏見のようなものを感じる方が多く、通院を知られたくないという声もあります。その場合は、自宅周辺以外で医療機関を探した方が快適です。立地の他には、医師の受け入れ態勢が重要視されます。投薬のみでの解決ではなく、鬱病の根本的な原因に焦点を当てて、しっかり解決を目指せる医師なのかどうかを確かめましょう。実際に鬱病の患者数は増加しており、来院患者数が多ければ、診療時間が短くなるケースも目立ちます。予約制になっている医療機関は、1人の患者に余裕ある時間を定めて診察しているので、その点は安心できるでしょう。体の問題を解決するために投薬を行っても、医師の指導の下で薬の量を減らし、元の生活を目指していくことになるので、信頼関係を築ける相手であることも大切です。