鬱病とストレスの関連性!精神科を受診して早期治療を始めよう

  1. ホーム
  2. 効果が違います

効果が違います

ハート

処方に従いましょう

何事にも喜びを感じない、気分の落ち込みが激しい、やる気がわかないなどの症状が出てきたら、鬱病のサインである可能性があります。そのような兆候が現れたら、ためらわずに心療内科や精神科を受診しましょう。受診の結果、鬱病と診断されると、薬が処方されます。その薬にはいろいろな種類があるので、確認していきましょう。主なものは、三環系や四環系、SSRIにSNRI、NaSSAなどで、鬱病患者さんの症状に応じて違う薬を使います。まず、三環系ですが、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、両方の量を増大させますが、アセチルコリンの作用も抑制するという面を持っています。セロトニンは精神の安定と関係があり、ノルアドレナリンは意欲の増大とかかわっているので、両方の量が増えれば、抗鬱作用が強くなるのです。アセチルコリンは筋肉の収縮や興奮、認知や記憶作用、脈拍などに関与します。働きが弱められると、抗コリン作用といって、口が渇く、便秘、尿が出にくいなどの副作用が生じます。似たような薬に四環系がありますが、こちらは三環系の抗コリン作用を弱めて、副作用が出にくくしたものです。ただ、その分抗鬱作用は弱くなっているほか、眠気が出やすいなどの面があります。SSRIの正式名称は選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。SSRIはセロトニンのみに限って再取り込みを阻害するので、不安感の強い患者さんに適した薬となっています。効果はかなりあり、副作用も少なく、安全な薬です。セロトニンとノルアドレナリンのみの取り込みを阻害する薬がSNRIで、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれます。したがって、不安感だけではなく、意欲の低下、無気力などの症状を呈する鬱病患者さんに使われることがありますが、やはり効果がかなりあり、副作用も少なめです。また、ノルアドレナリンが増えることによって、心因性の痛みを軽減する効果も期待できます。同じようにセロトニンとノルアドレナリンの量を増やす薬にNaSSAというものがありますが、こちらはノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬という名称です。SNRIとは作用機序が違い、セロトニンとノルアドレナリンの分泌そのものを増加させる薬で、SSRIやSNRIが効かない場合でも、効果を発揮する場合もあります。